風水で吉と言われる「四神相応の地」とはどんな土地?

四神相応の地はこう考えられてきた!

四神相応とは、風水における地相や地勢から考えて、好適地とされる土地のことです。この思想は主に中国や朝鮮あるいは日本といった、東アジアの文化圏で伝統的に形成されてきました。通常、四神は4つの獣神に例えられます。すなわち玄武・朱雀・青龍・白虎です。なお黄竜または麒麟を加えて、五神と呼ぶこともあります。

さらにこれらの四神を方位と地勢に当てはめて、地相を導き出します。具体的にいうと、東方は青龍であり、所在地から見て左側に水が流れている土地または低山。西方は白虎で、右側に大道がある土地。南方は朱雀で、前方にくぼんだ湿地。北は玄武であり、後方に丘陵を有する土地。このような地理的条件のそろった土地が理想とされます。ただし、こういった四神と地勢の対応分けについては、中国と朝鮮さらに日本それぞれの考え方において、若干の違いがあります。

古くから日本でも取り入れられた四神相応の思想!

古くから日本においても、平安京や平城京といった都づくりの際に、この四神相応の思想が取り入れられました。これは平城京へ遷都した時の詔にも、四神を意味する「四禽」として記されていたことからも、明らかになっています。

平安京で四神相応を解釈した場合、玄武にあたる北方は船岡山であり、朱雀にあたる南方は巨椋池。そして青龍である東方が大文字山で、白虎としての西方を嵐山、といった対応分けが可能です。ただし南方の巨椋池については、既に干拓されて原型をとどめておらず、四神相応としては成立していません。また北方の船岡山についても低山すぎることから、玄武が住処から降りきて目印とした星峰の1つという、独自の解釈が見られます。