風水で良しとされる土地選びのポイント3選

土地を選ぶ際には風水をチェックしましょう!

風水は今からおよそ4000年ほど前の古代中国で発展した考え方であり、空気の流れである「風」や水気の流れである「水」が、人の暮らしや健康に対して環境が及ぼす影響をまとめたものだとされています。一見すると非科学的な占いのように思えるのですが、実際には古い時代の人たちが経験に基づいてまとめたデータの集積となっており、現代社会においても十分に役立つものだといえるでしょう。住宅建築のために土地を選ぶ際にも、風水を参考にしてみてください。風水で良いとされる土地の特徴は、そのまま暮らしやすく快適な土地の特徴になります。風水において特に良いとされる土地を選ぶための3つのポイントについて、それぞれ詳しく確認してみましょう。

風水で良いとされる土地の特徴は?

風水で良いとされる土地の特徴としては、まずは南側が低く北側が高いことがあげられます。これは傾斜がある土地が好ましいというわけではなく、南側が開けた土地が好ましいということです。南側に遮るものがなければ一日を通して日当たりが良く、日々を快適に暮らすことができます。東西の方向については、朝日をしっかりと浴びることができて西日を遮ることができる、東側が低く西側が高い土地が好ましいといえるでしょう。高台の土地が好まれるのも同様の理由であり、日当たりや風通しが良く湿気を避けることができます。湿気は建物を劣化させる原因となりますので、日当たりの悪い土地や水はけの悪い土地、川のすぐ近くの土地などは避けるのが賢明です。