これだけは避けたい!風水でNGの土地とは

買ってはいけない土地

マイホームを手に入れるのは一生に一度の大きな買い物で、ぜひ風水を取り入れてより良い土地に住んでもらいたいです。そのためには、避けたい土地も知る必要がありますが、例えば、水はけの悪い土地は避けたいものです。水の流れが悪いのは、運気の流れを滞らせ、悪い運気を停滞させてしまいますね。また、お墓の近くや昔お墓があった土地、戦場だった土地なども挙げられます。他にも、病院隣りの土地などは、病人が多く集まる場所なので、どうしても悪い気が集まりやすくおすすめできないですね。風水的に運気を下げてしまうので、購入する前にしっかり確認しましょう。土地のすぐ目の前に大木や電柱などがあるのも、気の流れを遮り、圧迫感を与えてしまうのでNGです。

風水的に絶対避けたい土地とは

行き止まりやT字路の突き当たりの土地は、事故も多くて強烈な殺気を受けるとされ、さらに玄関の方位が良くないなどの悪条件が重なると、病気になりやすい・人間関係の悪化など悪いことが起きやすくなります。また、風水的には、正方形や長方形などの土地が良くて、変形した土地は凶相、特に三角の土地は大凶相と言われます。尖っている所には殺気があって、角が立つと捉えられるためですね。また、河川近くの土地も、湿気が多くなるのでおすすめできないです。但し、大凶相の土地だからといって自己判断で何でも決めるのはNGです。風水と土地に詳しい専門家に頼れば、リカバリーする方法を提案してくれます。家族が幸せになる家づくりをサポートするので、相談するのも良いと思いますよ。